スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

「ワン・ミス・コール (One Missed Call)」 (2008 アメリカ) @WOWOW
2009年12月15日

【う~ん (-"-;) どうなんだろう・・・】


(c) Warner Bros. Entertainment Inc.


最初に言っておきますが、私はこの映画の素となった「着信アリ(2004 東宝)」は観てません。でも、プロットを読む限り、このハリウッド版とあまり変わらなさそうですね。

それと、「携帯電話である必要ってあるのかな?」とは思ってはいけません!

【「霊」や「怨念」の描写】
怨念が電話をさせ、着信した人を殺すという設定は、やはり日本独特のものなんだな~と、アメリカ人がウジャウジャとこういう事に振り回されているのを観ていると、本当にそう感じます。携帯電話の文化も違うし、かなり無理があるのよ・・・。

動いている幽霊とか人に憑依した悪霊とか、「目に見えるもの」や「人に憑(と)りつくもの」のように、「可視」な状態であるものについてはアメリカでも映画になっています。1973年にウィリアム・フリードキンの撮影した「エクソシスト(1973 アメリカ)」以来、「オカルト」と呼ばれるジャンルで発展してきました。

日本では「四谷怪談」やラフカディオ・ハーンに代表されるように、霊や怨念の存在と恨んだ人に仕返しをする、というコンセプトは、かなり昔から意識されていました。1910年代に、既にメディアにも登場しています。

その土壌の違いは大きいと思います。元からあったものを描写するのか、エイリアンのようにいきなり舞い降りたものを描写するのか。

この映画は角川さんがお金を出しているのですが、

イマイチ感


がぬぐえないのは仕方が無い事なのではないのでしょうか、「リング (The Ring)」(2002 アメリカ)のような反響は難しいでしょうね・・・。

【あらすじ】
「どっかで観たことある人だな~」と思っていたジャック・アンドリュース刑事(エドワード・バーンズ)、そうそう、「プライベート・ライアン」(1998 アメリカ)のライベンでしたね。あのキンキンとした声、やっぱり悪くないけど、大勢の中に居ても聞こえそう・・・。

和庭園みたいなところで、大学生の女性が池から出てきた腕に首を掴まれ引きずり込まれるところから始まります。(いきなりだな・・・。)

それと並行して描写される病院の火事。一人の女の子が火の中から助けられますが、その子は押し黙ったまま・・・。

庭園の、溺死したシェリー(ミーガン・グッド)は、死ぬ前に、自分の声で変な留守録が携帯電話に残っていたことを知人に話しています(ただ、このあたりの導入が、パーティとかいうおちゃらけた雰囲気なので、結構脳に残らないんだよなー・・・)。自分の声、しかも着信日時は未来、知人たちの中の「誰のいたずらなんだ?」という冗談は、だんだんと本当の恐怖に変わっていきます・・・

【このくらいしか書けないのよね・・・】
これ以上は、話が薄すぎて書いても重みが無いので、やめます。察しのいい人は、導入の時点で全部判ってしまうと思います。

「病院の火事で犠牲になった誰かの怨念が電話をしていて、一緒に殺人まで犯してしまう」

ま、本当はそうじゃないところに、

は?┐('~`;)┌


と思い、一緒に、

何で殺されないといけないの (*`θ´*)


と思ってしまいます。

★☆☆☆☆
全然ダメ。評価の対象にもならないくらいですが、エドワード・バーンズに免じて・・・。

このページのトップに戻る

「シャッター (Shutter)」 (2008 アメリカ) @WOWOW
2009年12月13日

【なかなかイケました・・・】

なかなか面白いセッティングだったと思います。

ホラー映画って、内容によっては、突っ込みどころ満載になってしまうので、セッティングを良く考えないと、

「何で今まで起きなかったの!?」


とか

「そんな訳無いじゃん!」


とか、ちょっとした疑問が生まれてしまいます。

【あらすじ】
監督が「感染 (2004 日本)」の落合正幸、日本独特のコンセプトである心霊写真の要素が盛り込まれているのは、いわゆる「洋物ホラー」には無い、面白いコンセプトだったと思います。

写真家ベン(ジョシュア・ジャクソン)と自分の撮影モデルであった女性、ジェーン(レイチェル・テイラー)との結婚式から話が始まります。結婚式直後、ベンの仕事で東京に飛ぶことになります。

新婚旅行を兼ねた日本への渡航、富士山の景色を楽しんだり(芦ノ湖だと思います)しながら車で旅している中、ジェーンは夜の山道で迷ってしまい、横で寝ているベンに道案内を依頼します。地図を見ながら話をしている最中、ジェーンは目の前に突然現れた日本人女性(奥菜恵)を轢いてしまいます。

事故の衝突のショックでしばらく気を失っていた二人でしたが、その後警察を呼んで調べてもらっても、死体はおろか、血痕さえも見つかりません。その場は変だと思った二人ですが、気を持ち直して東京に仕事に向かいます。

依頼人のブルーノ(ディビッド・デンマン)やモデル手配担当のアダム(ジョン・ヘンスレイ)とも会い、自分たちの家やアシスタントであるナカムラ・セイコ(マヤ・ヘイゼン)まで用意してもらい、未来は明るく楽しいものに見えたところでした。

異変に気が付くのは、芦ノ湖で撮影した自分たちの写真に写っている、白い影に気付いたときからです。以降、白い影だけで無く、車でひいた女性がところどころに現れるなど、ジェーンはたまらず写真心霊写真に詳しい人に写真を見てもらいます。

怨念などの強い恨みややり残した仕事への後悔の念など、霊はそういう強い精神力を持っていて、光に捕らえられ写真に現れる、ということらしいです。

日本人女性の出現頻度が多くなり、身に危険まで迫ってくる中、ジェーンはその女性とベンの関係を知るのでした・・・。

【みどころ】
心霊写真は根幹のテーマではないのですが、女性の実態を捉えるのためには写真に写さないとならないというところから、目に見えている情景と写真に写った情景と、奥菜恵がボヨーンと写っている情景と、その「ビックリ!」感覚が良かったのかな、と思います。

連続写真で(パラパラ漫画のように)壁の中に入っていく奥菜恵とか(「こんなの撮って無いでしょう?」という疑問は別にして)、一番印象に残っているのは、ベンに肩車した状態で常に奥菜恵が「憑依」していたこと。ベンの自分自身の写真に現れたときは、さすがに

「へー」

と思ってしまいました。

【ということで・・・】

★★★★☆

日本人が撮った映画、という感じがあまり現れなかったのは良かったかなと思います。心霊写真というコンセプトも目新しいものがありましたが、ところどころで無理のある描写になってしまっていたのは、ちょっと残念だったかも。

奥菜恵が長髪なので、半分くらいは「貞子」みたいになっちゃっていたのは、これまたちょっと残念だったかも。

もう少しオリジナリティを出せなかったものかと、ちょっと悔やまれる映画ですが、久しぶりに面白かったですよ!

このページのトップに戻る

「ゲット・スマート (Get Smart)」 (2008 アメリカ) @WOWOW
2009年12月05日

【元気の出る!映画】
最近、ちょっと気の滅入ることが多かったので、元気の出る映画を探していたのですが、いや~、良い映画に出逢いました!



主演のスティーブ・カレル(Steve Carell)は、ジム・キャリー「ブルース・オールマイティ」で観たときから、「すごく気になる俳優」の一人になっていました。

あの演技!ジム・キャリーに操られておならをさせられたり、訳の判らないことを口走ったり、最後ははじけ飛んでしまうエヴァン・バクスター役の彼ですが、裏話を読んだところ、あの部分はジム・キャリー主導ではなく、スティーブ・カレル主導での演技で、ジム・キャリースティーブ・カレルに「合わせていた」んだそうです・・・。

確かに変だよ、あの部分だけ・・・。ジム・キャリーギャグじゃないもん・・・。

【「それ行けスマート」】
ということで、スティーブ・カレルが出ていることを知らずに観た「ゲット・スマート」、もともとはテレビドラマの「それ行けスマート」(原題は同じ)の映画向けの焼き直しだそうです。オリジナルは1965年にアメリカで放送されていたもので、制作にはメル・ブルックスが携わっていました。

映画のスタート時にやたらと彼の名前が出てくるのはそのためのようです。

【魅力的な俳優、スティーブ・カレル
面白い映画でした。

私がスティーブ・カレルを好きなのは、彼の英語がとても聞きやすいから、という事も理由の一つです。一回でいいから、面と向かって話をしてみたい俳優さんです。

ただ、「ブルース・オールマイティ」のようなハイレベル(というよりハイ・スタミナ)なギャグを期待していた私にはちょっと物足りませんでした。どちらかというとトークで笑わせる部分が多かったので、「体当たりギャグ」が少なかったことはちょっと残念です。

【あらすじ - 導入部分のみ -】
マックス・スマート(スティーブ・カレル)は「コントロール」という秘密諜報機関の分析官でしたが、彼の夢は他のエージェントたちのように現場に出て事件を解決することでした。

彼は何回も昇格(エージェントになるための)試験を受けていますが、何回も落ちています。過去にデブっちょだったので、その障害もあったようです。その8回目の試験結果の発表の今日、彼はいつものように出社します。相変わらず他のエージェントからは馬鹿にされ、自分を支えてくれている同僚のブルース(マシ・オカ)とロイド(ネイト・トレンス)とで、自分たちの存在価値を愚痴る毎日でした。

彼が今追いかけているのは「カオス」という悪の組織が絡む、濃縮ウランの売買。ロシアを中心にイスラム圏を盾にして行われているようです。

そして毎日訓練に励む彼ですが、チーフ(アラン・アーキン)から自分が試験に合格した事を聞かされ、喜びますが、チーフは「自分のような古風な男は他に居ない。分析官として優秀なので今のままでいてくれ」と言われがっかりします。

トボトボと街を歩いていたときにジョギング中の女性とぶつかります。彼女をナンパしようとしますが失敗、そのまま「コントロール」に戻りますが、中がめちゃくちゃに攻撃されていてビックリ!様子を伺っていると頭に銃を突き付けられます。

突き付けてきたのはさっきの女性、彼女はエージェント99(アン・ハザウェイ)だったのです。

まだ「コントロール」の中に敵がいると思った二人は何とか逃げようとしますが、マックスはその中で誤ってチーフを消化器で殴り飛ばし、気絶させてしまいます・・・。

「コントロール」が襲われてしまったので、別の秘密会議室で会議を行うことになり、そこに向かうマックス、入口は木の中に隠れているエージェント13に開けてもらい、会議に臨みます。

まだ頭がぼーっとする、と言うチーフ。マックスも「暗かったですし、私も膝をぶつけました!」と。みんなはあきれ返っています。

会議内容が漏れては困るからと特殊な静寂装置("Cone Of Silence = COS" と劇中では言ってましたね)をしますが、相手の声は聞こえないわ、だんだんとカバーが縮まってくるわ、結局普通に会議をする中で、チーフが、「コントロール」が襲われ、エージェントのデータが流出したのをきっかけに、「カオス」は世界中に居るエージェントを殺し始めているので、顔の知られていないエージェントを送りださなければならない、と言います。そこで、エージェント99(最近整形手術をしたばかり)と「エージェント86」に任務についてもらおう、という事になりました。エージェント86、それはマックスの事でした。

大喜びするマックス、経験が無いからとエージェント99には毛嫌いされますが、目的のロシアに二人で向かうことになりました・・・。

【ここまでのお気に入り】
長くなってごめんなさい、これだけで導入部分です。残りの全部を書くつもりはありませんが、ここまでで私の好きなシーンが結構詰まってます。

その1 - 書類を持って「コントロール」に出勤する最中にドアが閉まってしまい、バックで流れている音楽と同じフレーズでキーを開けるところ

その2 - 任務から戻ってきたエージェント23(ドウェイン・ジョンソン)が受付嬢に気を取られて壁にぶつかるところ

その3 - 会議中に携帯でメールをしているララビー(デビッド・ケクナー)からエージェント23は携帯を「貸してくれ」と取り上げ、バキッと折って壊しますが、実はその携帯はエージェント91(テリー・クルーズ)のものだったところ

その4 - 昇格できなったことがショックで、街をトボトボ歩いているスマートにエージェント99がぶつかり「あなたの走りに乾杯!」と言った後、足をコカコーラのあんちゃんの台車にひかれるところ

その5 - 「コントロール」がメチャクチャになって、探りながら歩いているマックスにエージェント99が「動かないで」と銃を突きつけたところを「あんたが動くな」と「Freeze」合戦になるところ

その6 - エージェント13!!(顔しか出て来ないし、ここだけでしか出てこない、しかもビル・マーレイ!!!)

その7 - 秘密の会議室でチーフが世界中のエージェントが殺され始めたことを説明しているシーンで、ももに銃を受けたエージェントがバスにひかれるところ

その8 - 自分がエージェント86になったことを静寂装置で隠れて「うれぴー!」と言い始めるが、ちゃんと装置が動いていなかったこと

これで十分でしょう。これ以降はかなりアクションに押されてしまうので、「スティーブ・カレル節」があまり登場しませんが、

その9 - ロシア行きの飛行機の中でプラスティック製の手錠を切ろうとボウガンで四苦八苦するシーン(痛そう・・・)

その10 - 麻酔薬のついた吹き矢の矢を誤って吸ってしまうシーン

その11 - 「コントロール」の一員とばれたマックスが「カオス」のNo.2に向かって受話器を投げるシーン(その前の「BB銃を持ったチャック・ノリスを信じるか?」も笑ったな・・・)

その12 - 脱獄したマックスが情報をくれたブルースとロイドを演技で殴り倒すシーン

などなど、結構炸裂です。

【決めの一言】
中身は結構真面目な部分もあったりします。割とインテリにまとまっていると思っていますが、私はマックスが最初の方で、

「カオスに居る人間は悪人だが、彼らのやっていることが悪であって、彼らそのものが悪である訳ではない」

というセリフ、かなり気に入っています。確かにそうだと思いますよ。

【ということで・・・】
★★★★☆
もうちょっとギャグ炸裂でも良いかな・・・。でもバランスを考えるとこれでも良いのかも・・・。

ゲット・スマート2、現在撮影中だそうですよ!!!

このページのトップに戻る

「今日も僕は殺される (The Deaths of Ian Stone)」 (2007年 アメリカ/イギリス) @WOWOW
2009年10月18日


『ネタばれが多く含まれますので、今から観ようと思っておらる方はご注意ください!』


(C)2007 SWFX Limited


いやー、久しぶりの記事になりました・・・。ちなみに、音楽も聞いてるし、映画も観てるし、テレビドラマも観てますよ。

◆テレビドラマ
最近気になるのは「マッドメン」ですかね。60年代のアメリカの広告業界の話なんですが、なかなかイケまっせ。

◆音楽
最近はSick Puppiesがチョーお気に入りで、ほぼ毎日聴いてます。日本ではあまり有名じゃないのかなー・・・、「シックパピース」というキーワードで検索してもあたってこなかったし。でも、ヘビーメタルやハードロックが好きな人には、絶対響く、オーソドックスな重たさです。しばらく彼らのニューアルバム、「Tri-Polar」を聴いていると思います。


【ということでこの映画・・・】
最近は妻や娘の映画鑑賞につきあっているので、あまり自分本位での映画を観ることが出来ませんでした。仮面ライダーディケイドの映画は、劇場まで付き合ったし、妻は「ブリジット・ジョーンズの日記」を観てます。

久しぶりにホラーもいいかなと、独りで観ることにしました・・・。

が!まー、驚き!!ここまでの駄作も久しぶりでした・・・。

【あらすじ】
WOWOWでは・・・、

ホッケーの人気選手イアンは、接戦の試合に競り負け、口惜しい思いを味わって帰宅する途中、踏切の真ん中で倒れている人物を発見。彼を助け起こそうとしたイアンは、逆に相手から不意打ちを食らい、電車に轢き殺されてしまう…。ふと意識が蘇ると、イアンは、洒落たガラス張りのオフィスで、ビジネスマンとして働いていた。その後も彼は、幾度も無残な死を遂げては、蘇ってそれぞれ異なる人生を生き直すハメとなり…。

と書いてありました。あ、そうそう、確かにそうだったね・・・。覚えていないくらいにインパクトが弱かったんです。

このイアン(マイク・ヴォゲル)なんですが、何回も死にます。死ぬたんびに違う場所に居て、違うことをしてる、ビジネスマン、タクシーの運ちゃん、麻薬中毒などなど・・・、でも必ずガールフレンドのジェニー(クリスティナ・コール)は一緒に居ます。

彼女が味噌で、それと、

なんで死なんとならんの?

という疑問は観ているうちにだんだんと「苛立ち」に変わってきます。

【ほんで・・・】
結局は「自分を殺すな」という戦いになる訳ですが、これが、まー、腕がグニョーと刃物みたいに変わって、グサッとやる訳ですよ。

だんだんと、ホラーの域を超えて、アクションヒーローものになってきました。

私が大口を開けたまま、びっくり仰天状態です。

【何なんだ、この映画は!】
Xメンか、マトリックスか、時計じかけのオレンジか、なんだかそのあたりの近未来系の映画ばっかり観てた金持ちのボンボンが、お金を使うところが無くて「映画でも作ったれ」と作ったような、悪い意味でアッと驚く映画でした。

マジで独創性に欠如しています。

併せてラスト。「続編に続くよ」バレバレの終わり方で、私のあごは「アングリ」となったまま、閉じることが出来ませんでした。

・・・。何とコメントしたらよいのやら・・・。

【評価】
★☆☆☆☆

言葉が無い。私の時間を返して欲しい・・・。(*`θ´*)

このページのトップに戻る

第624回「ヘッドホンしますか?」
2008年11月29日

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは、「ヘッドホンしますか?」です。

ヘッドホンだけじゃなくイヤホンでもかまわないんですが
あなたはこれら、日常的につけますか?
ほうじょうは家のパソコンにスピーカーが無いため、
ヘッドホンで音を聞いてます。なので、ヘッドホン必須です。

デザインのステキなものが多いため、電気屋さんの
ヘッドホン売り場...
第624回「ヘッドホンしますか?」



します。

一日のうちで言うと、

・朝通勤の時
・夕方帰る時
・自宅で仕事しているとき

の最低3回はしています。

通勤と帰りはMP3プレイヤーなので、ヘッドフォンというよりイヤフォンですが、その間ずっとつけているので、一日で最低でも約2時間は、耳に何かをくっつけている計算になります。自宅に帰るとパソコンで音楽をヘッドフォンで聴きながら(家族が寝ているので大きな音を出すわけにはいかないので)仕事をしてます。

最近はAudio-Technicaが気に入っています。私はプラグ型イヤホンが好きなのですが、その中でも、

が、私のお気に入りです。

インナーイヤ型は安ければ安い程、音が軽くなります。

が、これについては、ヘビーな音楽を聴く私には、投資額通りの見返りがあったと思っていますよ。

興味のある方はメーカーのサイトも見てみてください。

このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。