トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  「クリミナル・マインド」  >  「クリミナル・マインド FBI行動分析課」 #7 一家惨殺事件 / The Fox @ WOWOW

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウ(2004 アメリカ) @ WOWOW | トップページへ戻る | 「ミディアム2 霊能者 アリソン・デュボア」 #1 フェニックスの怪人 Part2 / When Push Comes To Shove (2)

このページのトップに戻る

「クリミナル・マインド FBI行動分析課」 #7 一家惨殺事件 / The Fox @ WOWOW
2007年10月17日

「クリミナル・マインド FBI行動分析課」 #7 一家惨殺事件 / The Fox狐を相手にするときは、狐の発想で立ち向かえ - トマス・フラー

原題は「The Fox」、狐。人を化かす、という意味で使われる動物ですが、このエピソードにどう関わったのでしょう?私は判然としませんでした。

今回の「第7話 一家惨殺事件」は、今までのエピソードの中でも、珍しいストーリー展開だったと思います。

今までは、プロファイリングして、犯人にあたりをつけて、現場に踏み込んだ時、その犯人は犯行の真っ最中(← あ、これもパターンになるかな?)で、どう言い訳しても「私は犯人じゃない」とは言い切れない状況にあります。

この緊迫した状況で、ギデオンの話術がある訳です。「#2 キャンパス放火犯」の冒頭のように、相手をまくし立てることもあり、「#4 白昼のレイプ・キラー」のように犯人の自尊心を煽るような話をしたり・・・。

ただ、今回は犯人だと思う人を取り押さえた時、ナイフで抵抗はしましたが、犯人である証拠が出ていないので、尋問して「自分が犯人だ」と言わせる、という変わった解決方法になりました。

それが理由か解りませんが、最後の「著名人の言葉の引用」がありませんでした。

【あらすじ】
クロフォード家の一家団らんの様子から始まります。明日から休暇を取ってディズニーワールドに行くんだそう。でも外には怪しげな人影が・・・。朝起きた時、奥さんのアリスンが旦那さんであるクリスを起こそうとしたら、そこには猿ぐつわで手足を縛られ、椅子に座っているクリスが・・・。

ホッチナー(トーマス・ギブソン)が赤ちゃんと奥さんと登場です。(産まれたのねー!!おめでとう!!\(^o^)/ )見守るリード博士、J.J.、ガルシア、エル。リード博士が「J.J.は髪が薄くて、シワっぽい男性が好み」とちゃかします。

その余韻もつかの間、クロフォード一家の惨殺の知らせをエル・グリーナウェイ(ローラ・グラウディーニ)は知ります。状況が状況なだけに(地下室で、奥さんと子供は刺殺され、旦那さんはこめかみを銃で撃ち抜かれている)無理心中かと思われていたのですが、同じような状況でミラーという一家の死体があがっているため、「殺人」として、捜査が進むことになります。

ミラー家は旦那さんと最近離婚、再婚して新しい家庭を始めたばかり。前の旦那、エリック・ミラー(「キャンディマン(1992 アメリカ)」のトニー・トッド!!)は子供の血痕を衣類に付けた状態で、現場から見つかり、容疑者として捕まっています。

そこに単身、尋問を行うリード博士。彼の詰問もなかなか大したもの・・・。私はこぶしを握って応援してしまいました。「その虐待のサイクルが、子供にも及んだのか?」でシメ!うーん、よかった・・・。新鮮でした!情けない状態のキャンディマンも、新鮮でした・・・。(T o T;)

そこでキャンディマン・・・、じゃなくて、ミラーは「息子のタイロンは手に紙切れを持っていた」と言います。何が描いてあるんだろう・・・。

両家の共通点を調べていくと、結婚指輪が無い、色の無い家の絵がある、犬の首輪が無い、などなど、手がかりとして有効なものが現れます。ミラー家の旦那さんもクロフォード家の旦那さんも、公務員。

また、ミラー家は奥さん、クロフォード家は旦那さんが、同一のセラピーに通っていることも解りました。そのセラピストを訪ねるメンバー。そして・・・。



最後の尋問のシーンが一番の山場になります。

プロファイリング上、とても几帳面な性格である、ということを逆手にとって、犯行を行ったことを導き出す形です。

でもギデオン(マンディ・パティンキン)が尋問に入る前にJ.J.(A.J.クック)に「準備は出来たのか?」と聞いたのはあの事だったの?オイラでも出来らー!!というものでは無いんでしょうね・・・。

Shemar Moore as "Derek Morgan"【デレク・モーガン(シャマー・ムーア)】

今回のプロファイリングはモーガンが行いました。いつもパッとしない役なのですが、「俺だったらどうする~ぅ?」という独り言は、いつも期待してます。

今回は現場が無かったので、言わなかったですけど。
スポンサーサイト

ソウ(2004 アメリカ) @ WOWOW | トップページへ戻る | 「ミディアム2 霊能者 アリソン・デュボア」 #1 フェニックスの怪人 Part2 / When Push Comes To Shove (2)

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。