トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  映画: タイトル: ホラー  >  「ハイ・テンション」(2003 フランス) @ WOWOW

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリミナル・マインド FBI行動分析課」 #4 白昼のレイプ・キラー / Plain Sight @ WOWOW | トップページへ戻る | 「TATARI タタリ」 (1999 アメリカ) @ WOWOW

このページのトップに戻る

「ハイ・テンション」(2003 フランス) @ WOWOW
2007年10月16日


【つじつまが合わなくてもそれは気にしない】

こちらに心のよりどころ(ぶら下がれる命綱みたいなもの)を与えてくれるアメリカ製ホラーと違い、欧米(特にイタリアとフランス)のホラーはとっても宙ぶらりんな気分になります。

オリジナルの「悪魔のような女(1955 フランス)」
を観た時に「なんじゃ、こりゃーーー!」とムンクの叫びのようになってしまったのを思い出しました。

アメリカ製は多くの場合でパターンが読めてしまい、「あ、ここで来るな」とか「あ、こいつがやってんだろ」のような、前述の「命綱」が解るので、結構な心の余裕を持って観れます。

今回の「ハイ・テンション」ですが、かなり怖かったです。話もかなりカッ飛んでます。こういう発想が出来る脚本家や監督は本当にすごいと思います。

話の途中でかき消されてしまったことが結構あるので、観た後になって「どう説明をつけるんだ!?」とウンチクくさくなってもしまいますが、この映画についてはそういう「アメリカ映画的発想」は無い方がいいです。

【プロット】
大学生のマリーとアレックス。マリーの勉強の環境を求めて、アレックスの実家に二人でお邪魔します。

すんげー田舎で周りはトウモロコシ畑。聞こえるのは虫と鳥の鳴き声だけです。

そんな中に、いきなり殺人鬼が現われて、アレックスを除く家族全員を惨殺してしまいます。アレックスは殺人鬼のトラックに載せられ、マリーは彼女を救うためにトラックを追いかけます。

途中のガソリンスタンドでアレックスと離れてしまったマリーは、ガソリンスタンドの店員の車を借りて、アレックスを追いかけます。

が、車で大事故を起こしてしまい、マリーは車外へ。そして殺人鬼と肉弾戦をついに繰り広げます。何とか助かった彼女はアレックスを解放しようとしますが・・・。



いわゆる「殺人鬼 vs. 女の子」、「ハロウィン」的な話が継続するので途中で「もういいよ」と怖さではなく、飽きてしまって、テレビを消そうかと思ってしまいました。

「うまいなー」と思ったのはそのとき。ガソリンスタンドのセキュリティカメラの映像を、警察が観た時。

ここから心理的に「ドドーーーーッ」と動くものがあります。私は「え、え??どうしたの?何で??」とかなりとっ散らけてしまいました。



怖さももちろん、心理作戦も大成功。私は最後までビクビクして観てました。

★★★★☆ (かなり怖かったので、もう一回観たいとは思わないっす (+_+) )
スポンサーサイト

「クリミナル・マインド FBI行動分析課」 #4 白昼のレイプ・キラー / Plain Sight @ WOWOW | トップページへ戻る | 「TATARI タタリ」 (1999 アメリカ) @ WOWOW

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。