トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >   「GSG-9」  >  「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #7 家族のきずな @ WOWOW

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GSG-09 対テロ特殊部隊」 #8 アメリカからの訪問者 @ WOWOW | トップページへ戻る | 「ユナイテッド93」(2006) @ WOWOW

このページのトップに戻る

「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #7 家族のきずな @ WOWOW
2007年10月16日

「GSG-09 対テロ特殊部隊」 #7 家族のきずな「元ドイツ赤軍」という言葉が出て来ます。「赤軍?どっかで聞いた言葉だな?」と思ってWikipediaで調べたところ・・・、

まー、びっくり。\(◎o◎)/!

日本赤軍から影響を受けて、こういう名前にしたんですって!!

ドイツ国内での破壊/殺害活動(テロリズム)を続けていたようですが、ベルリンの壁の崩壊後、社会主義諸国からのバックアップを失って、1998年に実質崩壊した組織のようです。



ドイツ赤軍の組織そのものについては、Wikipediaで読んで頂くとして、今回はその容疑者の逮捕が目的となります。

最初に逮捕した、元ドイツ赤軍の男、ザッセから、逮捕したい本命であるボンガーツ夫妻に連絡が行ってしまったため、夫妻の逮捕に手こずります。

夫妻にはビオラという娘がいます。彼女はレオンという男性と交際をしており、そのことがこのドラマに大きな変化をもたらします。

爆弾の爆発も絡んで、かなりハラハラするお話になっています。



今回の話は、とにかくベルリン市内をグルグルと移動します。ベルリンに住んでいる人は「あ、あそこだ」「あ、うちの近くだ」とか、画面を指さしながら観たんだろうなー、と思います。

それにしても、赤軍の残党がいまだに潜んでいて、それを執拗に追いかけているGSG-9がいた、という内容、「つつかなければ何にもしないはず」とは思いながらなんですが、過去に犯した罪も大きかったんですね・・・。

アンノフ(アンドレ・ヘンニック)がものすごい勢いで尋問するシーン、容疑者の目の前に地図があって、どこを見ているかでぺトラ(フロレンティーネ・ラーメ)が他の容疑者の位置を割り出したり、すごい話でした。



一つ前から問題になっているデミア(ビューレント・シャリフ)のお兄さんと妹の話ですが、一つ前でデミアの兄さん、ムラートが怪しい三人組に連れて行かれるところで終わりました。

今回では「お兄さんが見つかった」とデミアが連絡を受け、見に行きますが、帰って来たお兄さんは冷たい身体。こちらを向いて「間違いない」とうなずくデミア

妹さん絡みの人物を追いかけていて殺害された訳なので、妹さんも無関係では無いでしょう。

さて、どうなるのやら・・・。
スポンサーサイト

「GSG-09 対テロ特殊部隊」 #8 アメリカからの訪問者 @ WOWOW | トップページへ戻る | 「ユナイテッド93」(2006) @ WOWOW

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。