トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  「クリミナル・マインド」  >  「クリミナル・マインド FBI行動分析課」 #1 シアトルの絞殺魔 @ WOWOW

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリミナル・マインド」 #2 キャンパス連続放火犯 @ WOWOW | トップページへ戻る | チョバカ。 @ 独り言

このページのトップに戻る

「クリミナル・マインド FBI行動分析課」 #1 シアトルの絞殺魔 @ WOWOW
2007年10月15日


クリミナル・マインド #1 「シアトルの絞殺魔」
一度WOWOWの無料放送の日で4話目の「双子令嬢の誘拐」を見たときに、

おー、これはすごい!

と感激してから既に1か月・・・。

「観なきゃ、観なきゃ」と思いながら、やっと観れました。

(やっぱダメね、「Blogに残さないといけない」とかいう強迫観念を前提として観るようだと、全然進まんわ。でも強迫観念が無いと、もっと観ないと思うけど・・・。(*^。^*)v )




もったいないな、と思ったのは、ギデオンが自分の症状を理由に一度現場を離れていること、その理由や経緯の説明が十分になされないので、ちょっとフラストレーションが溜まります。(後々のエピソードでその話があることを願います。)

その話を抜いたとして・・・、最初にギデオンがFBI Academyの学生に講義をしていること、この内容も実は後で重要になります。

吃音(きつおん)
という言葉、初めて聞いて「何それ?」と思ったのですが、「どもり」のことね・・・。英語では「stutter」というのですが、このドラマは専門用語の多用が多いように聞こえるので、恐らくもっと医学的な言葉を使っていたんでしょう。




行動分析(Behavioral Analysis)
これが、話の筋です。推理と似た部分があります。恐らくシャーロック・ホームズやエルキュール・ポアロが現代に産まれていたら、恐らくこの勉強をさせられたのではないかと思いますが、推理と違うのは、今までの犯人像のデータベースを基に推理・・・、おっと失礼、分析することです。

このドラマの面白いのは、話の運びのパターンが無い(「2話目まで観て)こと。またメインとなる人物がローテーションしますが、特にそういう意図を観る側に必要とされていないこと。

もう一つは、行動分析(バックには大量のデータがあって、それに基づいて分析結果を出すのですが)の世界に入った時、オフィスの映像が分析上の映像と交わること。(文字だと説明しにくいのですが、観れば、解ります。)




今回の話はギデオンがメインとなります。バラバラに行動していたチームは一つに集まり、チームリーダーであるホッチャーはギデオンが現場に戻れるかどうかを査定する役目も兼ねて、シアトルに一緒に飛びます。

WOWOWの説明では不十分(話の本筋の記載が無い)ので、ちょっと補足します。

フェアレディZ(本編ではDatsunZと呼んでます)を買いたいと、ネットで探しつけた女性が、テストドライブに誘われます。テストの後、男は女性を無言で連れ去ってしまう・・・。

既に若い女性ばかりを狙った絞殺事件が起きており、チームはその犯人のプロファイリングを始めます。

ギデオンは半分以上自分の経験とデータベースに基づいたプロファイリングを展開。犯人と思われる若い白人を逮捕しますが、その男は実行犯でなくバックアップしている男と判明。

実行犯はどこに??(残りはネタバレになるので、書きません。)

無事に事件を解決したギデオンはたまたま寄ったガソリンスタンドで、ひどい吃音のある男に遭遇します。そして犯人と同じようにポラロイドで写した男の顔が店内にずらっと・・・。

不可思議な感覚をもちながら店を出ると、ショットガンを構えながら、吃音の男が近づいてきて・・・。




1話目にしては十分すぎる演出と次への「どうなるんだろう」キッカケを作ってます。

まー、合格なのではないでしょうか。2話目以降、どのように崩れて、パターン化が始まっていくのか、とても楽しみですが・・・。

それにしても不眠症だからMetallicaの「Enter Sandman」を聴いていて、それがパソコンのパスワードとは・・・。

私は、寝たかったら、Metallicaは聴きません・・・。

Miles Davisにします。
スポンサーサイト

「クリミナル・マインド」 #2 キャンパス連続放火犯 @ WOWOW | トップページへ戻る | チョバカ。 @ 独り言

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。