トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  「コールドケース」: 3  >  「コールドケース3」 #1 娘 @ WOWOW

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ローマ」 #1 失われた鷲 @ WOWOW | トップページへ戻る | 「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #1 銃火の洗礼 @ WOWOW

このページのトップに戻る

「コールドケース3」 #1 娘 @ WOWOW
2007年10月13日

コールドケース3 「#1 娘」.png知人の勧めもあり、コールドケースはシーズン2の終わり頃から見始めて、その後のスペシャル、そして今回のシーズン3の1話目、なんとなく「あー、こういう感じなんだな」が解ってきたところです。


1. 過去の殺人についてのフラッシュバックがある
2. その事件が未解決の状態で箱に納まる
3. ある人物や出来事がきっかけで、その殺人が再度浮上する
4. 聞き込み開始
5. 聞き込みしている中で、ある人物の話に食い違いがあることが他の人の話から解る
6. 犯人が特定できそう+逮捕劇のドンパチ
7. 逮捕シーンとモンタージュ
8. 解決によって救われた人たちのモンタージュ
9. 殺人に巻き込まれた人が8.を温かく見守る
10. リリーたちのモンタージュと未解決が「解決(Closed)」の箱になる

という決まったパターンがあります。

私がいつもイライラするのは「5.」。「最初から言えよ」といつも思うのですが、もし最初から話を真面目にしていたら、ドラマにならんわな。


もちろんシーズン3に入って「9.」が追加されたような気がします。それ以外のパターンは変わらない訳ですが、「#1 娘」は私が見た中でも一番感動的でした。涙が出てしまいました。

【ストーリー】
高校生のカップルがあり、女性の方が妊娠。卒業パーティの際に女性は高校のトイレで男と一緒に出産(女の子)するが、男は出産を見届けたまま戻らず、車に轢かれて死んでしまう。

生まれた子供が「自分のお父さんを名乗る人が私の前に現れた」という話を殺人課のリリーに前に持って来たところから話が始まります。

【見どころ】
出産した女性はまだ生きており、娘が生きていることは知っていつつも、状況が状況なだけに連絡を取れずにいます。

女の子は自分が捨てられたと思っているので、親や自分をお世話している人に対して、とても冷たい態度を取ります。

女性が妊娠しているという事実を複数の人間に伝え、知ってしまうことが、話を複雑にしており、また「自分のお父さん」という男性が別に現れることも、話の途中から緊張を増幅させます。

【私は・・・】
最後、母と子の再開と抱擁、仲良く語らっているところを事故死した男(父)が見守るシーン、ここで「ジワーーーー」と温かくなりました。

ベショベショに泣きながら、妻を振り返って「良かったねー」という私。

久しぶりにドラマを観て泣いたと思います。
スポンサーサイト

「ローマ」 #1 失われた鷲 @ WOWOW | トップページへ戻る | 「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #1 銃火の洗礼 @ WOWOW

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。