トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  映画: タイトル: ホラー  >  「ブラック・ボックス~記憶の罠~(La boîte noire)」(2005 フランス)@WOWOW

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページへ戻る | アップルワールド、こだわりの国内ホテル・旅館予約サイト“やど物語”をオープン!

このページのトップに戻る

「ブラック・ボックス~記憶の罠~(La boîte noire)」(2005 フランス)@WOWOW
2010年07月19日

ブラック・ボックス~記憶の罠~(La boîte noire)
2010年7月17日から20日まで、WOWOWで「シチュエーションホラー特集」という企画でホラー映画を特集しています。

シチュエーションホラーと言えば、ジェームス・ワン監督の「ソウ(2004 アメリカ)」でそのジャンルが確立されたと思います。

「ある特定の場所に居合わせた数名が、そこから脱出するために、人間模様や真実の姿など色々な情景を見せながら、知恵を出しあったりチャンスを待ったりする」

それに恐怖の要素を付け加えたものです。「ソウ」での脱出するために自分の足をノコギリで●るシーンは、本当に鮮烈でした・・・。

昨日観たのはフランス映画、「ブラックボックス ~記憶の罠~」それと「パニック・エレベーター(2007 イギリス/スペイン)」でした。今日は休みだったので、2本続けて観てしまいました。

とてもシュールだった、「ブラックボックス」の方をご紹介したいと思います。

【グロいシーンは無いのでご安心を】
ある男性、アルチュール・セリグマン(ジョゼ・ガルシア)が自動車事故を起こすシーンでスタートします。目の前には自転車に乗った少年が突っ込んで来て・・・!

頭を傷つけたのか、断片的に医師の会話や映像が目に入ってきます。その最中に色々な寝言を呟くセリグマン・・・。

目覚めたときに、ついてくれている看護婦が、

「無意識(意識していな部分、という意味)に気付けることは素晴らしいことよ!」

と自分が発していた寝言のメモを渡してくれます。

パリに住んでいるのに、事故を起こして連れ込まれた病院はシェルブールだったり、記憶が断片的。なかなか自分の周辺の環境や人物に馴染めない日々が続きます・・・。

<< まだ途中です。>>
スポンサーサイト

トップページへ戻る | アップルワールド、こだわりの国内ホテル・旅館予約サイト“やど物語”をオープン!

このページのトップに戻る

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。