トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  「コールドケース」: 3  >  「コールドケース3」 #3 ハロウィン / Bad Night

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #13 [最終回] 葛藤 / Ich, der Feind | トップページへ戻る | 「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #12 パラダイス / Paradies

このページのトップに戻る

「コールドケース3」 #3 ハロウィン / Bad Night
2008年01月21日

「コールドケース3」 #3 ハロウィン / Bad Night

【穴埋め・・・】
このエピソードの記事だけ飛んでいたので、観ていなかったものかと思い、再放送を録画して観てみました。

観てた、観てましたよ。書かなかっただけだったのね・・・。

この頃はまだネタが有り余っていたのか、細かいストーリーの方向転換が「見事!」と思ってしまいました。

【ヘボい邦題・・・ (ー"ー;) 】
邦題「ハロウィン」に惑わされないで下さい!!間違えても10月31日の話ではありません。

ストーリーには直接的に関係していない、映画「ハロウィン」の模倣犯のお話が絡むこと、それと冒頭でメインのキャラクターの4人が観ている映画が「ハロウィン」であること、それだけです。

マイケルみたいなマスクをかぶった人が「犬神家の一族」の佐清(すけきよ)に似てる、とか、そういう感想は全く関係ありませんので、念のため。

(それにしても、この邦題をつけてる奴は一体誰なんだろう・・・。あみだくじか何かで選んでるのか?チョーいい加減だと思います。)

【「注意一秒、怪我一生」】
今回のテーマは「交通事故」です。私もひやりとしたことがあります。

先日雪道を妻の実家に帰った時に、スリップしてガードレールにお尻をこすってしまったのですが、このままスリップし続けて、向かってきた車にそのまま飛び込んでいたら、私だけでなく、妻や娘も、加えて飛び込まれた車の皆さんも、そのままでは済まなかったでしょう。

作中で「事故の一秒前に戻りたい」という言葉が現れます。私も本当にそう思いました。

【あらすじ】
1978年10月。2つのカップルが、映画「ハロウィン」を観ています。ヴィッキー(ヒラリー・タック)と呼ばれる女性は車いすに乗っています。

「何で車いすの女性を置いて皆行っちゃうの?」映画が終わった後、彼女は友達に絡みます。「ターボ付きじゃないんだから・・・」。ヴィッキーと一緒に居る男性(アンガス。ジョナサン・マーフィ 写真)が、別の男性(クレイグ。デイブ・パワー)から「ヴィッキーから誘われたから来たんだ。お前とのことは元に戻るとは思ってもいないからな」とけしかけ、ドナ(アリッサ・ディーン)と呼ばれる女性と帰ってしまいます。

ヴィッキーは父親(アレックス。デニス・ゲイバー)が迎えに来ており、アンガスの「皆で飲みにいかないか?」という誘いは、途切れたのでした。

そしてその映画館に、アンガスの撃たれた死体が・・・。

【再捜査依頼】
ヴェラ(ジェレミー・ラッチフォールド)がヴァレンス(ダニー・ピノ)を、自分が設立するポーカークラブに誘います。ヴェラは自分がポーカーの時はカッとなることを知っており、それをヴァレンスに指摘されると、ヴェラは設立を辞めようとしますが、サットン(サラ・ブラウン)の「死ぬほど(ポーカーが好き)」という言葉に、ヴァレンスをにらみます。

アンガスの母エレナ(ミミ・ケネディ)が息子のアンガスが当時の映画「ハロウィン」の模倣犯、エディ・フォスター(未登場)に殺されたのでは無いことを証明、リリー(キャスリン・モリス)に再捜査を依頼しに来ます。

エレナの手にはアンガスがヴィッキーからもらった、プロポーズに対する返事の手紙がありました。プロポーズのことを知って殺した人がいるのではないか、という目算です。手紙には「危険だから誰にも言わないで」と書かれています。

「それだけでは弱い」というリリーに「真実を知ることは(したくないの)?」と返すエレナ。

リリーはスティルマン(ジョン・フィン)に話して再捜査を行います。

【アンガスの周りの人物】
・ ヴィッキー
1978年当時、アンガスの乗っていた車に同乗、交通事故に遭って脊髄損傷により両足が不自由になっています。

・ クレイグ
1978年の事故の時、本当なら自分のバイクに乗るはずのヴィッキーをアンガスに取られた上、事故に遭わせており、クレイグのことを恨んでいます。

・ ドナ
クレイグ、アンガス、ヴィッキーの友達。チョー存在感が薄いです。

・ アレックス
ヴィッキーの父親。娘が事故に遭い、半身不随になったことで、アンガスを憎んでいます。

・ デボン
ヴィッキーの弟。父と同様、事故に遭わされた姉のことを不憫に思い、アンガスを恨んでいます。

・イアン
1978年の事故の際、ひっくり返った車の中から、ヴィッキーを助けた消防士。現在のヴィッキーの旦那さん。

一応、これだけです。話の流れ上、アンガスを恨んでいる人物が3人もいる訳ですが、これまた、話の流れ上、「何でこいつが?」という不自然な人物がいるので、その時点で犯人が解ると思います。

問題は、

・ なぜ殺したのか
・ どうやって殺したのか


です。途中で紛らわしくも、血糊付きのでかい包丁のような刃物も登場します。

【感想 - ジェフリーズが良かった・・・】
ジェフリーズ(トム・バリー)は、交通事故で奥さんを亡くしています。

交通事故でヴィッキーが半身不随になっていることに、自分の奥さんの事がかぶったのでしょう、劇中でも奥さんが亡くなったシーン、自分が一緒にいて猛スピードで突進してくるトラックを奥さんと一緒に避けるシーンが現れます。

またヴィッキーのお父さん、アレックスには自分の妻が交通事故で亡くなった、犯人を許すことが出来ない、という話もします。

ジェフリーズの話の方が、本編の話よりも、心を打たれると思います。




交通事故は色々なパターンがあります。

・自分が何もしていなくても勝手に事故に遭ってしまうケース
・ほんの一瞬の不注意が大事故になってしまうケース
・自分の不摂生(飲酒や居眠りなど)で事故を起こしてしまうケース

など。後部座席のシートベルトの不着用も命を落としてまうことになり得ます。

人間が「出来るだけ時間をかけずに目的地に到着したい」と思って以来、人間は高速で移動する手段を考え続けています。

車はその冴えたるモノ。簡単に手に入る分、人間の生活に密着しており、人間の生活を便利にしながらも、同時に脅かしています。

ほんの一瞬のことで、人生を棒に振ってしまう可能性もあります。

(変なオチになりましたが、)車の運転には十分に注意して下さい。私も気をつけます。
スポンサーサイト

「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #13 [最終回] 葛藤 / Ich, der Feind | トップページへ戻る | 「GSG-9 対テロ特殊部隊」 #12 パラダイス / Paradies

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

【脊髄損傷】についてのお得なブログリンク集

脊髄損傷 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
旬なキーワードでお得なブログのリンク集: 2008年01月21日

このページのトップに戻る

プロフィール

empty_boxes

Author:empty_boxes
「私のブログへようこそ!一言でもコメントをいただけると幸いです (*^。^*)」

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

MicroAd

MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。